藤井周(あまね)~天使のような音色~

藤井周(あまね)

藤井周(あまね)くんです。

天使の音色といっていますが、変な意味じゃないですよ。

本当にその通りですから。

驚くぐらいきれいな声をしています。

ためしに聴いてみて下さい。

クリック

全曲ダイジェスト試聴

色々な歌をyoutubeに投稿しているので、絶対に聴いてみて下さい。(笑)

聴いてもらえましたかね?

明るい曲から切ない曲まで何でも歌えるんですね。

元気になる曲、切なくなる曲、ときどき笑えてくる。
(みちるちゃん♪♪みちるちゃん♪♪みちるちゃん♪♪って(笑)

周(あまね)くんとお話をしたときのエピソード

周(あまね)くんとは、ライブで一度だけ会ったことがあります。

確か、5年くらい前だったかな。

ピアノをガンガンと激しく弾き始めて歌い出しました。

その時の印象が

『え?これが男性の声なの?』
『言葉を話す楽器なのかな・・・?』

と思わず驚いたのをいまでも覚えています。

ちょっと大げさかもしれませんが、本当にそんな感じです。

 

■実はユニセックスな周(あまね)くん

ブログでも自身のことをユニセックスといっているで、
ここでお伝えしても問題ないかと。。。

藤井周(あまね)公式ブログ

クリックをしたらブログに飛びます。

ライブが終わった後に、
ちょっと周くんとお話をする機会があったのですが、
ちょっと口調が女の子ぽかったです。

正直、一瞬、アレ?と思いました。

 

まぁ、そんなことはどうでもいいですね。

 

別にユニセックスがどーのこーのというよりも、色々な意味でギャップが凄かった。

  • 最初の挨拶は、丁寧で礼儀正しい青年
  • ワイルドにピアノを叩く激しい音楽家。
  • 天使のような歌声を披露する
  • ときどき見せるMCで下ネタをちょっと
  • 最後に乙女キャラ

うーん・・・謎!って感じですね。

しかーし、よくよく考えてみれば、
アーティストの世界に性別とか関係ありませんよね。

新しいモノをクリエートして誰かに伝えていく人なら、
他の人が持っていない感性をどれだけ持っていて、
音と詩を通じて、どれだけ多くの人に伝えていけるのか?

それが全てですね?

聴いている人たちを驚かし、感動させ
楽しませ、勇気を与えられる音楽家であって下さい。

応援しています。

またライブ行きますね。

後ろの方でひっそりとビールを飲みながら聴いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です