夏恋歌 / marriageable lady

marrigeablelady

好きな人がいて、どうやって近づいたらいいか解らなくて、
目を合わせるだけでも恥ずかしかったりして、
それでもがんばろうとしてみたりもして、
何だから解らないけどモヤモヤしたときのことを

学生時代に誰もが抱く、言葉に表せないあのモヤモヤ感。

marriageable ladyさんの特徴

男性2人のユニットバンドですね。

爽快で明るいメロディーと甘酸っぱい歌詞が魅力的ですね。

(片想い)をしているときの男性の気持ちを歌にしていますね。
そう、あの複雑などーしよーもない気持ち。

公式サイト

音楽が全て聴けますよ。

いきなり流れるので注意して下さいね☆

 

曲の特徴

青春を思い出せるような甘酸っぱい詩がテンコ盛りですね。

好きな人がいて、
どうやって近づいたらいいか解らなくて、
目を合わせるだけでも恥ずかしかったりして、
それでもがんばろうとしてみたりもして、
何だから解らないけどモヤモヤしたときのことを。

当時は、胸がドキドキ。

今はちょっと胸がズキズキと後悔。

 

夏恋空:歌詞

使い古したあのセリフ今日も街へくりだした
どんなに手を伸ばしても届かない事もある

いっそ抱きしめてしまえば良いさ
ちょっと位強引な方がうまくいく
なんて誰かにならば簡単に言えるのに

はじけた奇跡が僕の胸を焦がして閉ざした窓を開ければ空は夏模様

恋で目覚める寂しさ君は誰を見ているの?
浮かんでは消えてゆく言葉だけ抱きしめた

残された時間はどれくらい?
余計な事ばかりを心配してる
今を生きれば良いさ思うまま誘って

急に降り出した雨に嫌な顔ひとつせずに笑顔を咲かせた君は夏の花の様

愛しき想いはやがて切なさの影を描き出す

今すぐに今すぐに会いたい女々しくって言えやしない

無くした記憶が不意に胸を焦がして君で始まる夏恋歌さぁドアを開けて

空にはじけた想いが君と僕を繋いで
ずっと一緒に居れるようなそんな気がしてた
晴れた夏の夜に
晴れた夏の夜に

学生時代の恋って案外と実らないんですよね・・・汗

ときどき、
高校時代から付き合っていた恋人とめでたく
ゴールインできたカップルの話を聞いたりすると、
本当に幸せなんだなーと思ったりもします。

心からおめでとうと祝福したくなりますよね。

あなたはどうでしょうか?

両想いになれるよりも片思いで終わったときの方が圧倒的に多いので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です